FF14辞めました

FF14,雑談blog,雑談

休止とか引退とかそんな生易しいものではありません。

キャラクターごと消しました。何ならPS4からもFF14を消し去りました。

サブクエこなしたり、ロールクエのために苦手通り越して触れたくもないタンクとヒーラーのレベル上げをしたり、極蛮神にチャレンジしてみたりと、精力的に活動をしていたのですが、当たり前のごとくキャパオーバーになったのと、漆黒5.0をクリアしたところで燃え尽きたというか、メインストーリーの続きに興味が持てなくなったというか、具体的に言うとアリゼーが無理になったっていうのが主な原因です…。シナリオライターからの「お前らこういうの好きなんだろ?」っていうのが透けて見えるというか。私が女性キャラ使ってたらまた違ってたのかもしれないですけど、それはそれで水晶公が無理になるルートなので、どっちにしても詰んでますね。

メインストーリーへの興味さえそのまま維持できていれば、脇道関連を整理すればまだ何とかなったかもしれないけど、メインストーリーに興味を持てなくなったのは致命傷でした。脇道関連にしても、ある程度人を集めなければコンテンツに行けないのに、その人集めフェーズが思い通りに行かず辛酸を嘗めることが多かったこと、まるで飲み会の幹事のごとく日程調整ロール調整その他諸々の調整と、ゲーム外で心を削られることが多すぎて、もう何もかも嫌になりました。

ハウジングを巡って友人と喧嘩もしたし(これに関しては私が全面的に悪かったし、既に和解済…だけど、わだかまりが全くなかったかと言えば嘘になる)、この件で友人とプレイスタイルの違いが溝になりかけてることに気付いてしまったのも結構ストレスでした。友人を元々いたCWLSから引き抜く形になってしまったのも心残りだったというか。友人は「遅かれ早かれ、合わない部分が表面化してたと思うから脱退してよかったんだよ」と言ってましたが、私がいなければそんなこともなかったのかなと思ったり。

そんなことが積み重なって、私は爆発しました。もうこれ以上このゲームは続けられないなと思いました。

友人には本当に申し訳ないことをしたと思います。私の悩みをずっと聞いてくれていたし、一緒に個人FC立ち上げて、ハウジングもFCクラフトも全部やってくれていたのに、私は何も返せなかった。半年以上使ってきたキャラも、わざわざ消したりする必要ないんじゃないかって自問自答もしたけど、中途半端に残しちゃった方が、友人を縛ることになるなと思ったし、私自身も「戻らなければならない」と縛られてたと思います。

CWLSを全部脱退して、荷物を整理して、ハウスの個室を撤去して、所持金を全額カンパニーチェストに突っ込み、FCマスターを友人に移譲して、いよいよキャラクターデリートの段階になって、やっぱり心が揺れました。キナクロは外見だけカインに似せたただのアバターだったけど、造形は気に入ってたし、半年以上使ってきてたから、愛着ありましたしね。私がもっとちゃんとしていれば、キナクロはこの先何年もエオルゼアでいられたのかもしれない。…と思ったけど、どうかな~、クラフターも苦手だったし、コミュ障だから誰かと積極的に仲良くするとかも苦手だったし、メインストーリー終わったらやっぱりキャラデリして終わってたような気がする。

いつか気が向いたら、また戻るかもしれません。今度はキナクロとは違うキャラで、GaiaのUltima鯖とは違うところに。でもそのときには、ソロを貫こうと決めています。もう、ゲームで人と関わるのは疲れました。「そんなことないよ、いい出会いはあるよ、エオルゼアはあったかいよ」と言う方は多いですが、半年いてそんな温かさとやらは感じられませんでした。残念。

FF14はとにかくやれることが多いゲームです。メインストーリーだけでも、通常のRPG数本分のボリュームがあります。そこに加えてサブクエの数々に、寄り道コンテンツの数々、生活系コンテンツも相当充実しています。わざわざ徒党を組まずとも、マッチングシステムで何とかなる場面は多いです。いかに「やりたいこと、やらなくてもいいこと」を線引きして、それにこだわりすぎないのが肝要なのかなと今となっては思います。リアルだとそこら辺は何とかしてるんですけど、ゲーム内では上手くいかなかった不思議。

終わったことをクヨクヨ言っても仕方ないのでこの件はこれで終わり。この半年間、お絵かきする時間や他ゲームする時間が全部FF14に吸われてたので、そろそろお絵かきのリハビリをしようかなと思ってます。まあ、来週モンハンの大型拡張が出るのでまたそっちに時間吸われるかもしれませんが。

Posted by 灰寝