【FF14】事件屋ヒルディブランド新生編

FF14,プレイ日記blog,プレイ日記

メインストーリー3.3が終わりまして、蒼天のイシュガルド部分は一段落ついたので紅蓮への導入部分を始める前に少し息抜きをしようと思ってたら、友人が「面白いし、過去作ネタあるのでやってください、私も強くてニューゲームでついていきます」と言ってくれたのでやってきました。

やー、グラフィック班もシナリオ班も酒飲みながら仕事してたのか? ってくらい面白かったです。このご時勢、声を出して笑うことも少なくなりましたが腹も顔も痛くなるほど笑いました…w 本編との温度差がひどい(褒めてる)

シナリオの流れとしてはエオルゼア一のポンコツ名事件屋であるヒルディブランドがウルダハ周辺で起こった怪事件を解決していく、という体なのですがギルガメッシュ+エンキドウにオルトロス+テュポーン先生と言った懐かしの面々と会うことができます。いやもう、FF14でビッグブリッヂの死闘とか、竜の首コロシアムを味わえるとは思ってませんでした。それぞれの討滅戦は制限解除して友人と2人で乗り込んだのですが、どれもとても楽しかったです。彫金武神覇斬考えた人を表彰したいwwお前がMIPだwww

全体的にギャグとはいえ、最後の方では蒼天のメインストーリーにも繋がるような要素があったりして、「おっ?」となる部分もありました。そこまで計算してやってたのかなあ。

そんなこんなでいっぱいスクショを撮ってきましたw

こうして見るとあれもこれも撮ってなかったな~。オルトロスは何やかんやでムービー中に爆笑しすぎてスクショ撮るのが頭から抜けてしまっていた…wテュポーン先生も撮れてなかったしな~。いやしかし3Dになったオルトロスはだいぶアカン方向に気持ち悪かったです。あれでティナのおみ足にタコ足を巻きつけていたとか、大変けしからん。そりゃ陛下も躍起になって引き剥がすってもんですね…。テュポーン先生はなぜかだいぶマイルドな感じになってたんですけどね。抱き心地が良さそうだなって思いました。

ギルガメッシュはあからさまに再会フラグを立てていたし、オルトロスはまあ、何かよくわからんうちに退場した感じになってましたが多分どっかでまた出てくるでしょう。オペラ劇場とか、そんな感じのところで。蒼天編にも事件屋クエストはあるみたいなので、また友人と都合がつけばやってみようと思います。

やっぱロドストよりこっちの方が安心感あるな。少なくともこのサイトを訪問してくる人はFF4~6辺りの知識は多分あるはずなので、過去作ネタを共有しやすい部分はあります。最近友人に紹介してもらって所属したCWLSはFFは14が初めてという人が多くて、4~6のネタは共有できないんですよね…。友人は私と同じで4~6がドンピシャ、DFFOOもプレイしてるので14の中に出てくる過去作ネタを共有しやすいのですが。

まあ、それにやっぱりここは自分の城だからあれやこれやと書きやすいです。今所属してるCWLSの人たち、みんないい人たちだし個々人の活動を尊重してくれてはいるのですが、ここ数日メンバーのお誕生日が続いてお祝いメッセージやプレゼントを贈ってたりする様子を見ていて「そういうパリピ文化はノーサンキュー…」と思ったのは内緒。お祝いメッセージはいいけど、アイテムやら装備を贈るのはなあ…。私の誕生日も教えてほしいと言われたのですが、「キナクロは保護猫だから誕生日が分からないんですよ」で逃げましたw物を贈られたり、フラッシュモブ的に祝われたりするのは苦手です。誕生日が嬉しい年齢でもないですしね。

何より、貰ったらお返ししないといけないじゃないですか。イン時間がそこまで取れるわけでもなければ、ギルやリアルマネーで解決できるほど持ち合わせがあるわけでもないし、そういう馴れ合いが欲しいんじゃないんですよ。ということで、不必要に距離を縮めないようやっていこうという感じですね。

シナリオは面白い、CWLSのメンバーとコンテンツに行くのはCFで野良マッチングするよりも気楽で楽しいですが、馴れ合いが欲しくてFF14やってるわけじゃないので…。

Posted by 灰寝