カイポロ小ネタ

2021-02-01 10:18blog

毎日寒くて布団が恋しい私です。人間にはなぜ冬眠の習性がないんですかね…。まあ冬眠に限らず年中寝たいんですけどね。

アルテスノートにドハマリしてしまって、毎日探索ログを眺めるのが楽しいです。そのうちFF4パのキャラメイクについて書こうかな(言うだけタダ)

さて、通勤中にふと降ってきた小ネタなんですが、カインさんって髪をひとつにまとめてるじゃないですか。ある日カインがいつものように髪を結ぼうとしたら、髪留めに使ってる紐がブチッと切れちゃって、代わりのものも見当たらないし、仕方ないからそのまま出かけるかって感じでいたところに、ポロムちゃん(当たり前のように一緒にいる)が「カインさん、今日は髪どうなさったのですか」って気付くんですよ。

「いや、いつもの紐が切れてしまってな。代わりのものもないし、今日はこのまま行こうかと」
「でもそれじゃ任務のときに邪魔になりませんか」
「今日は戦闘にはならないはずだが……確かに邪魔だ。まったく、髪など切ればすむ話なのだがな」
「切っちゃうなんてもったいないですよ。せっかくきれいな髪なのに」
「お前の髪の方が綺麗だ。よく手入れされていて、香りも良い」
「……っ、そ、そうじゃなくて、えっと、あ、そうです! 私の髪留めをお貸ししますので、今日はとりあえずそれで凌いではいかがですか?」
「……それはありがたいが、お前はどうするんだ」
「私は他にもいくつかありますから」
「ああ、確かにそうだったな。試練の山にミシディアの長老の使いとして来るとき、よく違う髪留めをつけていたのを覚えている」
「え、き、気付いておられてたのですか!?」
「そういうところはちゃんと見ろとお節介な忍者が教えてくれたものでな。あの頃は特に意識してしていたわけではなかったが」
「覚えていてくださっているだけでも嬉しいです……。見てもらえるわけでもないのは分かっていたのですが、やっぱり少しくらいはその、オシャレしたくて」
「誰に見てもらいたかったんだ?」
「もう、分かっておられるのに、カインさんは意地悪です」
「それだけお前がかわいいからな」

と、朝からイチャイチャタイムを満喫してバロン城に仲良く同伴出勤(?)したカインさん、色んな人から「あれ? それはポロムの髪留めかい?」「あらカインったらポロムの髪留めも似合ってるじゃない」「カインさん、今日はポロムさんの髪留めなんですね」とツッコまれて、「何でみんなわかるんだ」と微妙な表情になるっていう小ネタ( ˘ω˘)

ポロムちゃんだけじゃなくて、みんなに愛されるカインさんが好きです。

カイポロ

Posted by 灰寝