みんなでメダルチャレンジ「恐怖の機械触手」&トレイ断章「知の力」

DFFOO,プレイ日記blog,プレイ日記

メダルチャレンジの方は重い腰を上げてやっとこさトレイ断章実装当日に記事を書いていたのですが、私の不手際で全部消えてしまって、そのショックからようやく立ち直ってきたので書いていこうかなと思います。

ちなみに、ブログのサイドバーでも少し呟いたのですが、ヤ・シュトラさんのBTは初回無料で、LDはチケット40枚、セラのLDはチケット通算100枚ほど、そしてトレイのLDはチケット50枚ほどで引けました。ラムウボードのチケットはめっちゃ仕事してくれますね。

ジャックとホープのLD追わなかったせいで結構後悔してる部分が大きいので、LDでデバフを残していくタイプのやつは極力追いたいですが、月末にティナのBTLDが来たらと思うと石は迂闊に使えないっていう。何やかんやで、エアリスで大爆死した後は回収した石を全部貯金に回せて良かったです。

性能面に関しては正直、説明読んでも使ってもよくわからないのですが(毎度のことだけど)、ヤ・シュトラさんとセラは何がどう変わるんですかね…。確かにヤ・シュトラさんはLDがあるおかげで、特殊バフのブラッドリリーの段階に応じて攻撃に転じることも可能になったわけだし、メディカラにHP回復もついたのは心強い…気もするのですが、やっぱり正直よくわからないw

セラはだいぶ酷評されてますけど、そもそも使ったことがなかったので、やっぱりわからないっていうね…。まあ、確かに火力があるわけじゃないし、デバフは強力で分配もあるわけですが、それがめちゃ強いかと言われるとどうなんでしょう。少なくとも、ルフェニア攻略の選択肢に上げるにはちょっと色々足りない気はしました。

トレイも使ったことがなかったので結局わからないんですけどw皇帝とはちょっと違ったタイプのトラップで、誰かが行動すると敵のHPがモリモリ減っていくのは楽しいです。皇帝と組み合わせると「動いたら死ぬぞ!」をできるのは楽しいのですが、いかんせん仁義なきデバフ枠争奪戦だけは避けられないっていう。あと、今回の断章みたいにボスがやたらめったら素早いと、確定ブレイクできるデバフがすぐ切れちゃって肝心なときにブレイクできなくて詰む、みたいなパターンがあるのでホイホイEX撃つのも考えものなのかなあと思ったり。

まあ、それぞれの使用感はこんな感じでした。高難度ルフェニアの所感に移ります。

みんなでメダルチャレンジ「恐怖の機械触手」

敵情報

初めてタイトルみたときに「エロ同人のタイトルみたいだな」って思った私を許してほしいww(バカヤロウ)

今回のボスは残HPが80%、50%のときに即死級の攻撃を放ってくるのですが、「死んだら蘇生させましょう」っていう、昨今では初心者の館ですら教えてくれないようなアドバイスが書かれてて思わず笑いましたww

なのにミッションの中に「戦闘不能にならないようにしよう」があるのは高度なギャグか何かなんですか…。まあ、このミッション自体は戦闘終了時に戦闘不能者がいないように立ち回ればOKなんですけど、色々笑ってしまいました。

まあしかしこのスチームイカはやっぱり厄介でして、まず攻撃力がバカ高い上に隙あらばこちらのHPを削りにかかってくるし、どちらかのHPが80%・50%を切ったときに絶対殺すモードに切り替わります。この絶対殺すモードのときはデバフ全消し・無効かつ遅延・行動順消去無効というハイパー無敵状態なので次ターンに繰り出される即死級攻撃をおとなしく受ける他ないわけですが、この即死級攻撃は回避可能かつ根性で耐えきれます。また、即死級攻撃はその時点でHPが一番高いキャラを狙うとわざわざ予告までしてくれるので、オーソドックスな攻略法としては、根性キャラを2人用意してそのキャラが狙われるようにHPパッシブ等で調整をかける、エイトのような回避カウンターキャラのHPが一番高くなるように仕向ける等の方法があります。

ちなみに、前述したようにデバフを消された上に全て無効になるので、タゲ固定は効きません

また、カウント加算条件が「最大HPの50%以上回復すること」となっているのですが、これは最大HPが10,000のキャラがいるとして、5,000以上回復させることができるキャラを編成すれば解決です。HPが減っていようが満タンだろうが、回復アビを使えばOKです。

以上を踏まえると、編成すべきキャラは蘇生・回復アビと根性持ちのキャラ、そして敵の攻撃は魔法攻撃が多めということで、ラムウに引き続きセリス・エアリス接待ボスとなっております。ただ、このふたりでは生半可なアタッカーでは火力が足りないのでここぞとばかりにヤケクソ追撃を連発するスコールを起用です。奇しくも678パーティがめっちゃ刺さります。

え、ヤシュさん?ヤシュさんも悪くはないと思うんですけど、肝心なときにEXのリキャストが溜まってないなんてことになったら笑うに笑えないので、今回は起用していません。いや、チャレクエでは活躍していただきましたけど。

編成と立ち回り

長々と述べましたが、基本的な立ち回りは以下のとおりです。

  • 事前準備としてスコールのHPパッシブを全て外しておく。
  • 各自LDバフ・デバフの維持に注意。ただし、絶対殺すモードのときはデバフが入らないのでLDの無駄撃ちは避ける。
  • カウントが一桁になりそうなタイミングでエアリスの「癒しの風」を使う。それ以外のアビでは回復量が足りずカウント増加条件を満たさないので注意。
  • フレンドはセリスと交替させるのがベター。

このスチームイカはやたら仲良しなので、しょっちゅうABABと並びたがるのですが、各々の行動負荷の軽さなどを活かして割り込んだり、召喚等で臨機応変に対応します。イカの攻撃の大部分はセリスが魔封剣で吸収してくれるので、安定感はありますがALLが連チャンで来ると割と壊滅しますのでご注意。

攻略動画

トレイ断章「知の力」

敵情報

トレイの加入イベント時に、あまりの難しさ(規定act数的な意味で)に結局カオスコンプできないまま終わったような記憶があるのですが、クソボスっぷりはルフェニアでも割と健在でした…。

黄色いオーラをまとう「業腹化」を使うと、ブレイクしない限りBRVダメージが通らなくなり、吹き飛ばし無効になってしまいます。なので、デバフとトラップで確定ブレイクを狙えるトレイが刺さる…のですが、私の使い方が下手すぎてですね。よりによって「業腹化」を使われたときに限って確定ブレイクのデバフが入ってない上に、EXのリキャスト溜まってない、トレイのターンは敵のターンの後みたいな事態がしょっちゅうあって、苦戦しました…。

結局「業腹化」のトリガーが分からなかったので、EXが溜まったからとホイホイ撃っていいものかどうなのかは悩むところです。

でも、トレイのLDトラップはかなり有用な印象を受けました。便利ですね。問題は、トレイにBRVがほぼ残らないので、ブレイクされやすいことと、トラップ系のダメージを過信してはいけないってことでしょうか。この辺は皇帝も同じで、トラップ発動前にBRVを供給してやることで真価を発揮します。皇帝は意外と要介護…。

今回のボスは素早く行動負荷も低い上に攻撃も遅延攻撃が多く、必然的に敵の行動回数が増えがちです。カウント加算条件も「デバフでBRVスリップダメージを受けること」になっていて、ある程度敵にターンを回さないといけません。で、こちらに与えられた規定ターン数はたったの60act。鬼か。

せっかく引いたのでトレイは使いたいし、皇帝とトラップ祭りするの楽しそうだなあ~と思ったので、とりあえずこのコンビは確定。残りはグラディオに盾になってもらうことにしたのですが、まー大変でした…。

編成と立ち回り

近年稀に見るボロボロっぷりよ!!!w

この被ダメの多さはフレ皇帝が帰る直前に戦闘不能におなりになったからです…。ついでに、グラディオとトレイも割とボロボロでした。無傷で終わったの皇帝(自前)だけじゃないですかね。

被ブレイク数の多さも笑えてきますねえ…。遅延に加えて強制ブレイクもしてくるので、グラディオが1人でガンガンブレイクされてました。まあ、そのおかげもあってグラディオのLDバフも切らすことはあまりなかったわけですが、グラディオが1人で延々と遅延させられるので、他2人のロイヤルガードには注意が必要です。

敵のターンがすぐ回ってくる関係で皇帝のトラップはほぼ即発動してしまうので、今回はHP+++で起動させることはあまりないです。というか、あんまり敵を遅延させすぎると今度はカウントで死ぬしな…。

トレイのEXは基本的に即撃ってしまってOKです。トラップとカウンターでブレイクが狙えますし、万一「業腹化」の後確定ブレイクのデバフが外れていても、グラディオが根性で耐えます。ただ。回復手段がグラディオのHPリジェネしかないので、コールに回復手段を持つキャラがいた方がいいのかなあと思って、パラセシ入れようとしたら安定の聖吸収デスヨネー!!ついでに、風吸収になっている辺りも、吹き飛ばし祭りなどさせぬという運営の意志を感じたわけですが…。

攻略動画

結論から言うと、真正面からギミックに立ち向かうより、吹き飛ばし祭りをした方が楽でした。「業腹化」に対する対処法は一応必要になりますが、エクスデス先生とかフレラムザとかで何とかなります。そういや、今回は最初エクスデスを使ってたんですけど、エクスデスのデバフで思ったほどHP削れなかったんですよね。この辺も何かあるんですかねえ。エクスデス刺さりそうな気がしたんですけどね。

Posted by 灰寝