ポイピクを退会しようと思う話

2020-07-24 10:52愚痴,雑談blog,雑談

いつも拍手ありがとうございます。いつも拍手画面を眺めては、こんな場末のhtr絵にポチッと一手間かけてくださって本当にありがたいことだ…と感謝しております。

さて、表題の件についてですがポイピクに投げ銭機能が実装されたことによるものです。以下に色々と書きましたが、あくまで私の偏見と僻みによる個人的な意見であるということはご承知おきください。特にエビデンス取ったりとかはしてません。

いや、何してくれてんの?

元々、ポイピクのアピールポイントって

  • とにかく閲覧者の匿名性が高い。
  • スタンプひとつで閲覧者の心が動いたことを表現できる。評価としての可視化がない。
  • 煩わしい会話が一切不要。
  • タイトルもキャプションも不要、イラストの制作過程からしょうもないらくがきまで気軽に上げられる。
  • アカウント作成にTwitterとの連携が必要ない。ただし連携は可能。
  • 年齢制限もののイラストには簡単にワンクッションを置ける。

などなど、いわゆるSNS疲れした絵描きが求めていた要素がギュッと詰まっていたサービスだったのですよ。私がこのサイトを作る前にポイピクを利用していたのもこの点にありましたし、実際誰が見ているのかはわからないし、いただいたスタンプも誰がくれたものかはわからず、いつくれたものかすらわかりません。書き手が明記でもしない限りは、イラストがいつのものかすらわからないです(投稿日時の表示がない)。

これらのサービスは個人サイトと傾向が似ているのもあったし、割と気軽にホイホイスタンプがいただけたのもあって、結構気に入っていました。

まあ、そうは言っても絵の一覧表示などかゆいところに手が届かないものがあったし、何せミュート機能がTwitterと同じくらい弱いので新着一覧を眺めようものなら普通に地雷は踏むし、年齢制限ものを開ければ体感で8割はBL原稿だったりするので、色んな意味で危ないところでもあったわけですが😂

それもまた一興って感じで楽しんではいたんですよ。

さすがにサイト作ってからは、自サイトの方が作品上げるにはベストだし、何せ自分の城だから気楽も気楽すぎてポイピクの方は滅多に使わなくなっていたんですけどね。

そうこうしているうちに、いつの間にかポイピクではTwitterとの連携機能が強化されていて、久々に新着一覧眺めてみたら体感5割はフォロワー限定公開、もしくはリスト限定公開になっていて、結局Twitterありきのサービスにならざるを得ないのかなあ…とぼんやり思っていたところに今回の投げ銭機能実装ですよ。

ポイピクの運営が「クリエイターを応援しやすい環境を作りたい」と言っていたのは今に始まったことではないし、コロナが日本でも流行り始めた頃からプロのイラストレーターに特定のお題でのイラスト制作を「仕事」として依頼し、その制作過程をポイピクに掲載してもらう、という企画をやっていたのは見ていたし、つい先日もyoutube漫画動画コンテストなる企画を開催して、クリエイター志望の人と制作会社を繋げる場を作りたい、というようなことを言っていました。

つまりね、私のようなクリエイターではなく、趣味で人の作品を盗用(と敢えて言う)して絵を描いているような人はポイピクのユーザーにしたくなくて、淘汰したいんですね、多分。

これはあくまで私個人が受けた印象なので、実際のところは知りません。ポイピクユーザーにどれくらい「クリエイター志望」の人がいるのかも全くわかりません。

ただ、ポイピクの新着一覧に並ぶイラストの大半は何らかの二次創作イラストです。pixivでFANBOXのサービスが始まったとき二次創作についてはどうなるのかという騒動が起こったように記憶しているのですが、結局は二次創作にFANBOXでの投げ銭はアウトというガイドラインが制定されたと思います。ポイピクにもいずれガイドラインは制定されるのでしょうが、今はかなりグレーです。もちろん閲覧者にも書き手にも、誰が投げ銭してくれたのかはわからない仕組みになっていますけど、問題はそこではないし、pixivとの差別化を図って生み出されたポイピクというサービスが結局pixivの何番煎じかもわからないサービスになってしまったことに、いちユーザーとして失望しました。

こういうのって結局、本当にプロとして活動してるようなイラストレーターさんとかが、仕事の片手間にササッと描いた版権らくがきとかに集まるようになってるし、それってどうなのって思う…。こういう言い方すると自分は貰えないからって僻んでるみたいに見えますけど。いやもちろん僻みもあるけど、昨今の「応援の気持ちは銭で表わせ」みたいな風潮どうなんですかね。いや、応援の気持ちを表現するのは大事だし、お金も大事なんですけど、出す相手は選んだ方がいいと思うんですよ…。いつもDFFOOには感謝の課金をさせていただいております😇🙏✨

まあ、こういうので100円と言えど実際に投げ銭する人がどれだけいるのかっていうのは気になるところですが。

あとねー、私の絵なんかに投げ銭してくるような物好きはいないと思うんですけど、私はオリジナルは一切描かないんですよ。余計な火の粉を被るのはごめんこうむりたいし、何より趣味で描いて上げてるだけの絵に金銭が絡むのはとてもモヤモヤします。

ということで、長々と描いたのですがポイピクがTwitterありきのサービスになってきたこと、そして趣味でらくがきしてるだけの私は投げ銭機能の対象としてそぐわず、ポイピクが求めるクリエイターではないこと、このサイトがある以上はポイピクを続けるメリットは私にとって皆無だと判断したので、退会しようと思います。長らくお世話になりました。

今後はますますサイトでの引きこもりを極めようと思いますのでよろしくおねがいします。Twitterなんかもうコリゴリなんや…。

Posted by 灰寝