引きこもるべきか、外に出るべきか

2020-04-06 21:06blog,雑談

普段は試練の山で孤独に修行に励むカインのごとく、ポイピクとピクログで自分が誰かも明かさずに壁打ちに励んでるわけですが、たまに自分の絵とかここでの萌え語りはどう思われてるのだろうと気になるときがあります。野生のクマが人里に下りるみたいな感覚でwww

でも、ピクログのコメント欄って匿名での投稿はできないし、返信するときに自分が誰かバレてしまう。ポイピクに至っては壁打ちコンテンツなので、そもそもスタンプ押す以外に連絡手段的なものはありません。

そこで、匿名メッセージ箱的なものを利用してみようかなと思ったんですけど、あれってツイッターのアカウントがないと登録すらできないものばっかだし、いただいたコメントにお礼の一言を返したくとも返信手段も基本的にツイッターが想定されているんですよね。

ツイッターのアカウントなんか一年前に消し去った身にはハードルが高すぎます。

そりゃまあ、返信手段として非会員も閲覧OKなピクログをもう一個作って、Googleフォームとか拍手とかツイッターアカウントなしでも登録できるサービスを利用するという手段もなくはないけど、そもそも来るのかどうかもわからないコメントにそこまで準備しておくべきか???つか、そこまでするならもうサイト作った方がよくね?

隠れたいのかそうでないのかどっちなんだよ、と自分でもたまに思うのですが、前ジャンルで色々と嫌な思いをしたので新たな交流とかそういうことをしたくなくなったんですよね。描く絵も、ツイッターに上げるといいねとかRTとか気になってたし、外人とかにアンチコメもらったり同カプ好きでも返信に困る内容のリプもらったりして結構SAN値削られたのと、解釈違いマンに空リプで噛みつかれまくって嫌になりました。

だからまあ、誰からも何も言われないし、嫌なものは目に入れなくて済むし、数とか気にならないスタンプが貰えるっていう今の環境はとても気楽なんだけど、たまーに言葉で反応が欲しくなるときはあります。

とはいえ、ポイピクにせよピクログにせよ通りすがりに「おっ、知らんジャンルやけどええ雰囲気やん」ってポチッとスタンプ押すだけっていう自分の行いを鑑みると、わざわざ言葉で感想をしたためたくなるほどひとの心を動かすような絵が描けてるわけでもなし、ピクログでウダウダ書いてることだって、私以外には面白くも何ともないしな。

ということで、試練の山にまた戻っていくわけですよ。俺もまだまだ修行が足りないな…己の弱さを克服できていない。

愚痴,雑談

Posted by 灰寝