ギャラリー自動化したった

2020-03-31 12:38blog,雑談

怠惰極めすぎて、小説ページのリンクを自動で増やすことに成功した私は、(一応)メインコンテンツであるギャラリーもどうにか自動で更新できないものかと試行錯誤のすえ、(多分)自動化に成功した、と思います。wordpressすげーな。「こういうことしたいな」ってことが大概実現できる。

いや、別に今までどおり絵をアップ→該当のページ開く→ギャラリーボックスに挿入の後、更新情報をトップページに記載しても良かったんですけど、何せこのギャラリーに挿入までにあちこち開かなきゃいけないのがめんどくさすぎて、どうにかならないのかなと調べてみたら出てくるんですよねこれが。先人の知恵ってすごい。

というか、色々と弄り倒してると大体の人が同じような発想に行き着くというのが正解なのかもしれない。2017年とちょっと古めの記事ではありますが、紹介されているプラグインはちゃんと今も更新されていたので大丈夫でした。

まあ、下準備のためにイラストをカテゴリ分けするというのが結構面倒ではありましたが(全年齢ページにエロが出てきたりするのはマズイので慎重に)、何とかショートコードをそれぞれ分けて記述して、ついでに並び順も下に行くほど古くなるように変更しました。

そこまでは良かったんですけど、これがwordpress標準装備のギャラリー機能を使ってるもんだから、レイアウトがひどいことになるんですよ😭CSS弄ったりもしたけど、それでも上手く表示されなくて、無駄にデカいサムネが規則正しさもへったくれもなく並ぶ様に頭を抱えていた私の元に神は現れました。

今まで使っていたギャラリーブロック拡張用のプラグインです。これに戻してイラスト足す度にブロック選んで…をやるしかないのかのう…と思いながら、説明ページをGoogle先生に翻訳してもらっていたら、「このプラグインは標準ギャラリーをショートコードで拡張することもできます!」的なことが書いてあるじゃないですか。

何やて工藤!?と思いながら、レイアウトに関する記述を直してみたら見事反映したじゃありませんか!!

ありがとう作者さん!!!!!

かくして、怠惰を極めに極めたギャラリーページが出来上がったのでした😗絵をアップするときに、カテゴリを設定すれば該当のギャラリーページに勝手に収まってくれるはずです。

そんなのわかんねえだろ、何か描いてちゃんと反映するか試してみろよという心の声が聞こえますが、明日からDFFOOのレイド周回で忙しいので、また後日にしたいと思います。

次なる怠惰コンテンツは更新情報の自動筆記なのですが、こればかりはちょっと今のところどうしようもないので、大人しくコピペを駆使して書いてます。それにしても、弄れば弄るほど大概のことができるからすげーなwordpress。初めて触った10年前は多分ここまで高機能ではなかった(というより、どうしてもPHPの知識が不可欠だった)んですけど、今はほとんど知識なくてもこれだけのサイトが作れるから恐るべし。

別のプラグイン導入すれば、自家通販もできるらしいですよ。頒布するものないからやらないけど。