ロックオン・ストラトス生誕祭2020

2020-04-17 23:16雑談blog

そもそも、私とガンダム00の出会いは今を遡ること約3年前、前ジャンルで知り合った友人がリアタイでハマっていたという話を聞いたのが始まりでした。

Amazonプライムで第一期第1話を見たときは話の流れもよくわからないまま、ただ「主題歌がL’Arc~en~Cielとかかっけぇ!」という、どっちのファンにも殴られそうな動機で第2話を見始め、ようやくマイスター達の名前が頭に入ってきはじめた5話目くらいにはすっかり引き込まれていました。友人と出す予定だった合同本の原稿をほっぽらかしてイッキ見するという愚行を犯したのも今となっては懐かしい思い出です。

なお、原稿は早割の締切にはきっちり間に合わせました。けど、入稿後に二人して「修正が足りん」と指摘されたのも懐かしいwww何の本出したのかはお察しです。

さて、ロックオンは私が元々好きな系統の狙撃手であり、初期の頃の連帯感も何もあったもんじゃない、完全にヤバい奴らの集まりであるマイスター達の中で唯一の常識人ポジションにいたこともあって、結構最初の方から好きでした。顔が好み。

カプ厨なので当然そういう目線でも見てたのですが、最初にスッ転んだのがハレソマだった辺り、自分でもどうなのかとは思います。でもさあ、戦場でソーマと交戦する度にハレルヤが出てきて、挙句の果てには「ほらな、同類だからわかんだよ!」とか「俺は女に逃げられてご機嫌斜めだ」とか「名前教えろよ」とか「ソーマ・ピーリス……いい名前だ。殺し甲斐がある!!」とか言い出すんですよ?スッ転ぶしかなくない?

これ絶対直に顔合わせたらヤバいパターンじゃん、実は同じ研究所出身だったりしてさあ、とか思ってたらドンピシャだった上に、本人格のアレルヤとマリーの方が相思相愛になっちまったときは色んな意味で言葉を失いました😇そういうのズルいと思うの😂😂😂ハレルヤは全部知ってて、アレルヤに隠すために(そもそもソーマの脳量子波の干渉でアレルヤが戦闘不能状態なのもあるけど)毎度表に出てきて、死なないために、戦うためにわかってて名前を聞いて、かつてのマリーとは別人としてそこにいるから「殺し甲斐がある」なんだもん。スッ転ぶしかなくない?(2回目)

まあ、そんな感じで超兵にカプ萌えしつつも、実は密かにニルフェル萌えもしてました。どこでスッ転んだかは00見たことある人ならお察しの通りのシーンです。

けど、ロックオンは劇中で退場してしまいます。あれも今思えば伏線はあったというか、マイスター達はそれぞれ過去を清算したり今を乗り越えたりと成長していく描写があるのに、第一期のロックオンにはそれがないんですよね。それどころか、彼の過去が断片的に明らかになるにつれて、初期のような余裕は失われ(これは戦況的にも致し方ないことだけど)、彼にだけは清算することも乗り越えることもできない何かがずっと横たわっていたことがハッキリとわかるようになり、そして「変われない」まま退場していきます。

ここら辺が兄と弟の差と言っちゃ何ですが、少なくともライルには結末はどうあれ変えてくれるひとが現れたことが僥倖だったし、ロックオン・ストラトスが完成したのは兄の死とアニューの死あってこそなんだよなあと。

けど、私はライルも好きだけど変われないまま散ってしまったニールの方が好きです。何でなのかは言葉では上手く言えないのですが、変われなかった部分にFF4のカインとの共通項を見出したからかもしれません。カインもある意味では変われなかったまま悲劇を生んだキャラなので。

で、別にディランディ兄弟の誕生日には何か描こうと決めてたわけではないのですが、誕生日か…とふっと思ったところで、今回上げた絵の構図が降ってきました。ライルスルーですまぬ。

ご承知のとおり、ニルフェルは未来のない、成立し得なかったカプです。出会うのが遅すぎたというか、フェルトがもっと大人だったなら、ニールを変えることもできたかもしれないけどそれは叶わないままでした。そして、劇場版ではフェルトは刹那に想いを寄せるようになっているので、尚の事あり得ない構図です。だから、描くのは迷ったけど描きました。

解釈は見た人におまかせします。

ただ、個人的にはガンダム開発の過程で家族を失ったフェルトが、ガンダムもCBも憎むことなくその遺志を継いでトレミーに乗っていることについて、同じような年頃に同じような境遇になりながらテロを憎み復讐することを選んだ自分との対称性に、ニール自身何かしら思うところがあったからこそ「君は強い子だな」と声をかけ、秘密のはずの本名を教えたし、もう少しフェルトが大人だったか、もう少し時間があれば、間違いなく私がスッ転ぶような展開があったと思うんですよね。

ニルフェルは未来がないから、描くのはとても悲しい気持ちになります。芽生えかけたものはあったのに、育てる時間がなかった。そんな隙間すらなかった。同人は自由だから、IFとかパラレルとかパロディとかそこでイチャイチャさせることもできるけど、今の私は「それは少し違う」と思います。

だから、描くのは迷った。でも描きたかったから描きました。

まあ、FF4のカインにも同じようなことを言いながら10年経って今はカイポロにどっぷりなので、10年後には第一期の時間軸でカプとしてのニルフェルを描けるようになるのかもしれませんが、その辺は今後の展開次第ですかね。

ただな。

ニールが公式に生き返るとか実は生存してましたからのニルフェルなんてことになったらキレ散らかすからな。

私はニール好きだけど、彼の死はメインキャラ達に大いに影響を与え、大変意義あるものだったからこそ、ニルフェルが描けないんですよ。グラハムはまあ、個人的にはそれほど間をあけずに連チャンで見たから「まあ、グラハムだしな」で流してますけど、リアタイでグラハムファンやってたら公式との解釈違い!!ってもんどり打ってたと思う。

原作から現実時間で10数年を経てカインが聖竜騎士になったときも「何でそうなるんや!!😡💢」って8年くらいブツクサ言った末にやっとこさ受け入れたくらいなので、推して知るべし。

何はともあれ、ディランディ兄弟の誕生日にらくがきでもロックオンを描けたので個人的には満足。

Posted by 灰寝